ホーム 福祉ボランティアセンターについて フロアマップ サイトマップ ひと・まち交流館 京都
アクセス・交通 プライバシーポリシー
ホーム > 助成金・表彰情報 > ◇◆ 公益財団法人 みずほ教育福祉財団 ◆◇第34回(平成29年度)老後を豊かにするボランティア活動資金助成事業
件名 ◇◆ 公益財団法人 みずほ教育福祉財団 ◆◇第34回(平成29年度)老後を豊かにするボランティア活動資金助成事業
対象分野 高齢者 
金額 1グループにつき10万円を上限(計110グループ程度を予定) 
締切 5月31日(水)必着【郵送のみ】※本会への推薦依頼期日5月17日(水) 
備考  高齢化社会を迎え、高齢者が住みなれた街で安心して生活するための、地域住民・ボランティアによる主体的かつ活発な福祉活動に対するニーズが、一段と高まっています。
 本助成事業は、地域に根ざした、高齢者を主な対象としたボランティア活動の支援を目的として、その活動に継続的に使用される用具・機器類の取得資金を助成します。 
更新日 2017年04月09日 
内容 ■助成対象
1.対象団体
地域において、高齢者を主な対象として活動を行っている、またはスタッフの中核が高齢者である比較的小規模なボランティアグループで、次の要件を満たすもの。
(1)必要要件
‥佻織椒薀鵐謄ア数:10人〜50人程度。
結成以来の活動実績:2年以上(平成29年3月末時点)。
K椽成を過去3年以内(平成26年度以降)に受けていないこと。
ぅ哀襦璽很承舛龍睛撒ヾ惴座を保有していること。

(2)対象外となるグループ
)/由覆鰺する団体(特定非営利活動法人など)およびその内部機関。
∀型優ラブ内での活動グループ。

2.対象活動
以下の活動に必要な用具・機器。
々睥霄圓鯊仂櫃箸靴神験荵抉腑機璽咼后平事・清掃・友愛訪問等の生活を援助する活動や住宅補修・庭木の手入れ等)
高齢者による、地域環境の改善につながる活動(例:高齢者が中心となって行う、こども食堂、学習支援、地域清掃、緑地整備、パトロール等)
9睥霄圓搬樟ぢ紊箸慮鯲を図る活動(例:幼児・児童等との交流活動や地域の伝統文化を伝承する活動等)
ぅ譽リエーションを通じて高齢者等の生活を豊かにする活動(例:レクリエーション活動に必要な運動用具・機器、楽器等)

3.対象用具・機器
ヽ萋阿之兮嚇に使用する用具・機器(エアコン・大型テレビ等の設備類を除く)の購入費用に限る。
運営経費(人件費、消耗品費)、研修経費(講師料、ホール賃借料)等は対象外。
助成決定より前に購入された用具・機器は対象外。

4.助成内容
1グループにつき10万円を上限
(計110グループ程度を予定)

5.応募方法
所定の申請書に、都道府県・政令指定都市または市区町村社会福祉協議会の推薦を受け、当財団に直接郵送する。

■申請後の流れ
7月末 選考結果通知
9月上旬 助成金交付
平成30年1月 活動報告書提出

【問合せ先・送付先】
公益財団法人 みずほ教育福祉財団 福祉事業部
〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-5みずほ銀行内
TEL:03-3596-4532   FAX :03-3596-3574
E-mail :FJP36105@nifty.com
URL: http://www.mizuho-ewf.or.jp/ 
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ