「助成情報」京都市福祉ボランティアセンター発行メールマガジン 第55号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
              平成24年度 助成金情報 
                                                       <不定期発信> 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Vol.55
◇◆ 公益財団法人 京都地域創造基金 ◆◇
タイトル:2012年度 若年性認知症サポートファンド
URL:http://plus-social.jp
◇締切:12月4日(火)午後6時必着
   ※郵送(配達記録がわかる方法)または持参
   ※FAX/メール不可 
◇対象分野:社会福祉
◇推薦:不要

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【概要】
 京都における若年性認知症の方とその家族の方への理解や支援を促進するた
めの取組みについて助成を行います。
 今回は、専門家との連携、またNPOや福祉団体等複数団体での コンソーシア
ム(連合体)もしくは単一団体でも、それら団体や制度などと適切に連携する事
業を助成先として重視します。 

■助成対象:
1.対象団体
下記の要件を全て満たす団体
ゝ都府内に拠点があるNPO・市民活動団体、もしくは京都府外の団体であっ
ても京都府内で対象事業を行う、NPO・市民活動団体(法人格の有無は不問)
◆惴益コミュニティサイト CANPAN』に登録し、『公益活動ポータルサイト 
きょうえん』 ステップ2認証を申請期間内に受けること http://kyo-en.canp
an.info/
その他、対象事業の条件や事業報告等、助成要件を遵守し実行できること

2.対象事業(2013年1月1日〜2013年12月31日実施)
(1)若年性認知症の方の「はたらく」モデル事業構築・実施事業
・若年性認知症の方が「はたらく」ということの価値やあり方、方法の模索。
様々な制度、仕組み、組織やサービスの活用・連携を図りながら、「はたらく
」場や仕事をつくりだす事業・プログラムを創出、構築。
・上記で創出、構築したモデル事業の実施。=若年性認知症の方が実際に「は
たらく」場や事業を一定程度継続して実施すること

(2)若年性認知症の方の支援事業
 若年性認知症の方とその家族の抱える課題を解消し、またその生活を支える
ための活動全般

※(1)、(2)ともに上記期間内に活動報告(中間と終了後2回)を行うことが必要

3.助成金額 ※本事業に必要で、助成期間内に支払われた経費は全て対象
(1)若年性認知症の方の「はたらく」モデル事業構築・実施事業
1事業あたり100万円 採択予定件数1〜2件

(2)若年性認知症の方の支援事業
1事業あたり50万円 採択予定件数1〜2事業

■申請後のスケジュール
12月4日(火)午後6時申請書必着
2013年7月下旬頃 中間報告
2014年2月頃 事業終了報告

【問合せ・送付先】
公益財団法人 京都地域創造基金
〒600-8104 京都市下京区五条通高倉西入る万寿寺町143いづつビル3階
TEL:075-354-8792  FAX:075-354-8794
E-mail:office@plus-social.jp
HP:http://plus-social.jp
(対応時間:平日10 時から19 時/土日祝休み)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
メールマガジンの登録変更はこちらから 
  → http://v.hitomachi-kyoto.genki365.net/gnkk15/pub/magm_rule.php

お気づきの点やご不明な点などございましたら、下記までご連絡ください。 

     京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1 
        TEL:075-354-8735 
            FAX:075-354-8738 
        E-mail:v.info@hitomachi-kyoto.jp 
        URL:http://v.hitomachi-kyoto.jp/ 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆