「助成金情報」京都市福祉ボランティアセンター発行メールマガジン 第11号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
              平成22年度 助成金情報 
                                                       <不定期発信> 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Vol.14
◇◆ 財団法人 こども未来財団  ◆◇
タイトル: 平成22年度 地域子育て支援拠点研修事業 
URL:http://www.kodomomiraizaidan.or.jp/
◇締切日:5月31日(月)こども未来財団必着
◇対象分野:子育て支援
◇推薦:不要

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【概要】
子育て支援拠点(ひろば型・センター型・児童館型)を開設する者又は既に開設
している者を支援し、子育て支援拠点の担い手を育成する事を目的とします。


■助成対象:
1.対象となる団体
※個人からの応募は対象外
(1)原則として全国3ヶ所以上で開催可能な法人
(2)1か所の開催地で参加者100名以上の研修会を開催できる法人
(3)全国の地域子育て支援拠点事業の実態を把握し、運営状況等の実情を周
知している法人
(4)開催地の子育て支援拠点の運営、事業実施を検討している関係者、団体
 スタッフ等が参加する研修会を開催できる法人

2.対象となる研修会
<実施期間>
平成22年7月〜平成23年1月の間に実施する研修会を対象とする。
<研修内容>
仝修会内容
講座、事例発表、シンポジウム、ワークショップ等
*地域子育て支援拠点事業に関する講演等
*中堅支援者のニーズに応じたより専門性の高い研修
∋臆耽与
1か所あたり100名以上
8修会の参加対象者
全国の子育て支援拠点の事業実施を検討している関係者及び子育て支援拠点を
運営している団体とスタッフ

3.助成金額
1か所あたり1,000千円を上限とする。

4.応募要件
(1)法人等として概ね3年以上継続して子育ち・子育て支援活動を行ってい
ること。
(2)応募する研修会が国・地方公共団体等助成を受けていない。
(3)法人等の活動及び研修会の内容が、営利及び政治・宗教活動に係るもの
ではないこと。
(4)学会など、純粋に学問的な研修会ではないこと。
(5)事業の主たる部分を自ら行わず、外部委託する研修会ではないこと。
(6)研修会開催時には妥当な傷害保険等に加入すること。
(7)原則として無料の託児所を設置すること。


■申請後の流れ:
5月31日(月)  申請書提出締切 
6月末日      採択の可否を通知
事業終了後、報告書の提出が必要である。審査後に助成金が支払われる。
※事業終了前に助成金を必要とする場合は、事前に概算払請求書を提出し、審
査後支払われる。
※審査の結果、契約時の金額より変更になる場合がある。


■問合せ先・送付先:
〒105-0003
東京都港区西新橋3-3-1 西新橋TSビル8階
財団法人こども未来財団  研修事業部
TEL:03-6402-4821


■応募要領・申請書ダウンロード
http://kodomomiraizaidan.or.jp/22kyoten-kensyu.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
メールマガジンの登録変更はこちらから 
  → http://v.hitomachi-kyoto.genki365.net/gnkk15/pub/magm_rule.php

お気づきの点やご不明な点などございましたら、下記までご連絡ください。 

     京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1 
        TEL:075-354-8735 
            FAX:075-354-8738 
        E-mail:v.info@hitomachi-kyoto.jp 
        URL:http://v.hitomachi-kyoto.jp/ 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆