【助成金情報】京都市福祉ボランティアセンター発行メールマガジン 令和2 
 年度 第24号


<不定期発信>

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Vol.24
◇◆ 公益財団法人 大阪ガスグループ福祉財団 ◆◇
令和2年度 高齢者の福祉および健康づくりに関する調査・研究助成
◇7月1日(月)〜9月11日(金)【必着】【郵送のみ】
◇1団体 上限100万円◇高齢者◇研究◇推薦要

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 活力あふれる長寿社会を実現するため、「高齢者の福祉向上あるいは健康の
維持・増進を目的とした実践的な調査・研究」に対して助成します。また、高
齢者の多様なニーズに沿った「分野横断的な調査・研究」や福祉現場からの「
実践的な創意工夫の調査・研究」についての応募も実施します。

1.対象団体
主たる研究者が近畿2府4県内に在住あるいは勤務し、
その研究者が左記府県内で実施する調査・研究。

2.対象事業
A.「高齢者の福祉の向上」に役立つ実践的調査・研究
●高齢者の処遇やリスクマネジメントに関するもの
●高齢者の自立、社会参加などの推進に関するもの 等

B.「高齢者の健康の維持・増進」
●高齢者の生活課題(摂食障害など)に対する実践的なもの
●高齢者の健康の維持増進や保健衛生に役立つ課題 等

C.「高齢者の多様なニーズに対応する分野横断的課題」
●高齢者に真にやさしい環境整備に関するもの
●高齢者ニーズ対応型の社会システム 等

D.「福祉現場からの創意工夫された実践理論の調査・研究」
●現場実践ならではの事象に基づくもの
●高齢者の福祉の増進に普遍的に役立つもの 等
※2018年度、2019年度、又は過去に2回以上助成を受けている場合は対象外

対象期間 令和3年4月〜令和4年3月末まで

3.助成金額
1団体 上限100万円   総額   750万円
対象外 人件費、パソコン機等汎用機購入費、
学会参加関係費、一般管理費など

4.応募方法
以下の書類を郵送
―蠶蠅凌醜書(ホームページよりダウンロード可)
添付書類(見積もり等)
推薦状 ※個人、団体問わず関係所属長等のもの

5.選考基準
単なる医学的学術的な研究でなく、一般普遍的に高齢者の福祉健康に役立つも
の。必要性が高く、成果目標に対して企画内容が適正であること。先駆的で応
用できること。等

6.申請後の流れ
令和3年 3月中旬 結果通知
       下旬 助成金振込


【問合先】
公益財団法人 大阪ガスグループ福祉財団
〒541-0047 大阪市中央区淡路町4丁目4-11
TEL:06-6205-4686 FAX:06-6203-1028 
E-mail:og-hukushi@osakagas.co.jp
URL:http://www.osakagas.co.jp/company/efforts/fukushi/index.html



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆