【助成金情報】京都市福祉ボランティアセンター発行メールマガジン 令和2
年度 第15号


<不定期発信>
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Vol.15
◇◆ 独立行政法人 国立青少年教育振興機構 ◆◇
「令和2年度 子どもゆめ基金助成金 二次募集」◇【郵送】令和2年6月16日
(火)≪消印有効≫ 【電子申請】令和2年6月30日(火)17時締切◇子ども◇
活動


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この基金は、未来を担う夢を持った子どもの健全育成を推進するため、地域の
草の根団体が実施する様々な体験活動や特色ある新たな取り組み、体験活動等
の裾野を広げるような活動を中心に、様々な体験活動や読書活動等への支援を
行っています。「子どもゆめ基金」は、「子どもの未来を考える議員連盟」が
子どもの未来のために有意義な基金の創設を発意し、平成13年4月に創設さ
れたものです。

1.対象活動
※令和2年10月1日〜令和3年3月31日までに行われる活動が対象
【体験活動】ー然体験活動、科学体験活動、8鯲を目的とする活動、
社会奉仕体験活動、タ場体験活動、α躪隋Δ修梁召梁慮崖萋
【読書活動】【フォーラム等普及活動】【指導者養成】
上記の助成金の交付の対象となる経費は、活動を実施するために真に必要な経
費(謝金、旅費、雑役務費、その他の経費) 

2.対象団体
当該団体が自ら主催し、子どもの健全な育成を目的に子どもの体験活動や読書
活動の振興に取り組む団体
 (1) 公益社団法人、公益財団法人又は一般社団法人、一般財団法人 
 (2) 特定非営利活動法人 
 (3) 上記(1)(2)以外の法人格を有する団体
(次に掲げる団体を除く。)
 々駛瑤話亙公共団体
 ∨[Г砲茲蠶樟椶棒瀘された法人
 F段未遼[Г砲茲蠧段未寮瀘行為をもって設立された法人 
 (4) 法人格を有しないが、活動を実施するための体制が整っていると認めら
れる団体 

3.助成金額
1活動あたりの助成額は、2万円以上〜限度額50万円までとする。

4.申請後の流れ
令和2年8月下旬 交付決定
活動終了後、実績報告書を提出し助成金を交付


【送付先】
独立行政法人国立青少年教育振興機構
子どもゆめ基金部 助成課
〒151-0052
渋谷区代々木神園町3番1号
【問合せ先】
子どもゆめ基金フリーダイヤル(無料)
0120-579-081(平日9:00〜17:45)
電話: 03-5790-8117,8118(子どもゆめ基金)
FAX: 03-6407-7720 
E-mail: yume@niye.go.jp
URL https://yumekikin.niye.go.jp/


----------------------------------------------------------------------
※このメールには返信しないでください。
※「市民活動情報サイト」にログインし、興味のある情報にお申込ください。
※このメールが不要の方は、「市民活動情報サイト」にログインし、個人情報
  管理画面から、メルマガ希望を「希望しない」に変更してください。

市民活動情報サイト:
  http://www.genki365.com/