「助成情報」京都市福祉ボランティアセンター発行メールマガジン 第10号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
              平成26年度 助成金情報 
                                                       <不定期発信> 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Vol.10
◇◆ 京都市保健福祉局長寿社会部長寿福祉課 ◆◇
タイトル:高齢者の居場所づくりに対する助成
URL:http://www.city.kyoto.lg.jp/
◇締切:6月2日(月)必着 【持参または郵送】
◇対象分野:高齢者
◇推薦:不要
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ひとり暮らしの高齢者の皆様などが、地域から孤立したり閉じこもることが
ないよう、地域の皆様が取り組まれる「高齢者の居場所」づくりへの助成制度
を設けています。

■助成対象:
1.対象者
 高齢者の居場所を設置・運営している地域の住民及び団体。

2.対象事業
*居場所の定義
高齢者が自由に集い、交流活動を通じて、地域から孤立することなく、高齢者
どうし、また高齢者と若者や子ども達との交流を図ることができるよう設置さ
れたものであり、次のいずれの要件も満たしていること。
・営利や政治的、宗教的活動を目的としないもの。
・地域の集会所や空家、商店街の空店舗等を利用するなどして、高齢者の誰も
が自由に、気軽に利用できるよう設置されているスペース。※公園などの屋外
は対象外。
・活動している際は、世話人が常駐している等、安全を配慮した適切な人の配
置が行われていること。
・隔週1回以上、1回あたり3時間以上の活動を実施していること。
・京都市内に居住する概ね65歳以上の高齢者5名以上を含めた利用者が見込ま
れること。
・飲食費や材料費などの実費負担を除き、無料であること。

3.助成金額
ゝ鐓貊蠅粒設に伴うバリアフリー化等整備に係る経費(1件当たり200,000円
以内(1回限り))
居場所の開設に伴い、運営に必要な備品を購入するための経費(1件あたり5
0,000円以内(1回限り))
1娠跳佝顱閉村變繊光熱水費、通信費、資料代等)
  年間開所日数          助成金(年額)
 24〜47日(隔週1日程度)      1万円
 48〜143日(週1〜2日程度)      3万円
 144〜239日(週3〜4日程度)     5万円
 240日〜(週5日程度〜)       7万円
 ※人件費,宿泊費,食費などは助成対象外

4.その他
・予算に達した場合、受付を締め切る場合あり。

■申請後の流れ
平成27年4月上旬  報告(運営経費)
整備完了又は購入後1か月以内   
報告(整備及び備品購入)

【問合せ先・送付先】
〒604-8171 京都市保健福祉局長寿社会部長寿福祉課
京都市中京区烏丸通御池下ル虎屋町566-1 井門明治安田生命ビル2階
TEL:075-251-1106
FAX:075-251-1114
URL:http://www.city.kyoto.lg.jp/


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
メールマガジンの登録変更はこちらから 
  → http://v.hitomachi-kyoto.genki365.net/gnkk15/pub/magm_rule.php

お気づきの点やご不明な点などございましたら、下記までご連絡ください。 

     京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1 
        TEL:075-354-8735 
            FAX:075-354-8738 
        E-mail:v.info@hitomachi-kyoto.jp 
        URL:http://v.hitomachi-kyoto.jp/ 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆