オーソティックス ソサエティー関西支所
オーソティックス ソサエティー関西支所
私たち「特定非営利活動法人オーソティックスソサエティー」は1993年より、幼少期から足に合わない靴を履き続けることで起こる弊害を、日本の社会問題として認識し、足の変形・歩行障害・姿勢の不良・発育への影響や高齢者の転倒予防の研究とその改善策を訴えてきました。

最近は、親御さんがお子さんに対して「履かせやすく、脱がせやすい靴。デザインで選ぶ傾向」「すぐに足が大きくなるから」とサイズの大きな靴を選ばれる傾向があり、正しい靴選びができず大切な成長期に足から身体のバランスを崩しています。未来ある子供達の足が健全に育ち、バランスの良い歩行ができるようお手伝いしています。また高齢者がご自分の足に合った靴を履くことで転倒予防ができ、将来的に医療費の削減にも貢献できると信じています。

《社会貢献活動》
●医療費削減と保存療法の促進の見地から、子供からご高齢の方を対象に、『足の健康広場』と題し『足部障害の健康相談』『足の診断・測定会』を開催。

●歩こう会を設け、ウォーキングイベント等に『足と靴の健康広場』を設け当法人の会員を派遣。

●小学校、幼稚園、保育園を対象に、足骨形成時の子供の足を計測器で測定し、足育指導を実施。

●シルバーセンター各施設へ『いつまでも元気で歩こう、足の健康広場』のイベントに、医療関係者(医師、理学療法士、柔道整復師等)当法人の認定講師を派遣。

●人材育成活動として、足の障害予防に繋がる勉強会、セミナーを医療従事者や一般の方対象に実施。
足部障害に関わる医学会に臨床発表活動。